「夏のおしゃべりスタンプ」120円で絶賛発売中

クリックでLINEストアーにGO!



2019年7月14日日曜日


金曜日、めずらしく天気がよく

このところ曇りばかりだったのに

日中32度くらいまであがったので

地面の温度を測ったら


37度!

午後5時で地面が37度もあったので

けんこことのお散歩は夜に変更する事に。

ちゅーちゃんの夜のお散歩が終わって

食事が終わってから期日前投票に行った。

期日前投票は、順番を待たなくて

なかなか良いのだが

8人くらいのスタッフがいて

紙を渡す人、チェックする事、シール貼る人などなど

二人くらいで済むのに

なんでこんなたくさんの人が必要なのかと思いつつであった。

これも、税金かと思うと消費税より

こういう無駄を減らせる事が

先なんじゃないかと思うのだ。


2019年7月10日水曜日


私は、「犬と猫どっちも飼っていると毎日たのしい」という

漫画が大好き。

その中の犬くんの行動がちゅーちゃんにそっくりなのだ。

ちゅーちゃんは、すぐにお腹を見せて「なでてー」ってするし

ぽんぽん(お腹)なでてあげようか?と言えば

なぜか、足をぱかーっと開く。

おかしいけれど、聞いてもみんなしないと言うので

うちの子だけなのかもなぁと思っていたら

この本の犬くんも同じ事をするのだ。

ただ、だからといっていつもする事なので

なんとも思ってはいなかったけれど

この本の作者はそんな犬くんの姿に感激して

幸せに包まれるのである。

それはもうパラダイスだ。

その「犬と猫どっちも飼っていると毎日たのしい」のプライズが

プレスリリースで

7月6日にround1のUFOキャッチャーに入ると言うので

行ってみた。


いたいたー。

ずららーっとならんでいておかしい。

猫ちゃんがでていたので、犬くんと場所を交換してもらって

犬くんめでたくゲットしたー。

わーい。


これは、けんここのお姉ちゃんに

お誕生日プレゼントする予定だ。

(自分のもあるのでご心配なく〜)


2019年7月8日月曜日


りーらん母さんからお見舞いがきた。

ここのところ、何度も眼医者や歯医者に行かねば

ならぬ事になり大変だ〜とこぼしていたら


ブルーベリーがやってきた。

一粒が親指の爪より大きくて

ちゅーちゃんは、ブルーベリーが大好きなのに

あまりにもでかいので疑って食べなかったくらい。

しかも、驚くほど甘い。

とっても目によさそう〜。

ごちそうさまー。


2019年7月6日土曜日


「山形県天童市」にふるさと納税を1万円以上すると

する度にオマケをもらえるのだ。

(私は、「さくらんぼ」と「ラ・フランス」の返礼品を選択)

しかも、オマケはいくつかの種類から選べるのだ。

2回したので、2つのオマケがやってきた。


1つ目


天童の無洗米 300gx3

(3月のライオンのパッケージがうれしい)

真空になっているので、もしもの時に使えそうだし

我が家では、この無洗米でおかゆを炊いたりしている。


2つ目


3月のライオンの限定ノベルティ

今年は、センスとクリアファイルや手提げ袋などなど。

リボンの付録のようでうれしい。

天童市は、今年で3年目なのだが

3月のライオンの限定ノベルティは毎年変わるので

わくわくである。



2019年7月4日木曜日


峯崎さんから、音衛門さんのくりのテリーヌがやってきた。


わーいっわーいっ。

アルコールがしみた栗がたっぷり。

今夜は、食後が楽しみ、楽しみ。


2019年7月3日水曜日


リーらん母さんから、ハーコット(杏)がやってきた。

ありがとーっ。

う、うれしい。


今年、じゃんじゃん枝を切りすぎて

まったく果実がならなかった我が家。

さすがに、厄年かよっな状態でかなしかったー。

ハーコットもニコニコットもビワもダメだったので

落ち込むも、立ち直りは早く

すでに来年に向かっているのであった。

前向きだしっ。


2019年7月2日火曜日

ここ一週間、昼も夜もスタンプ制作の為に

ついやしてきた。




やっと、できたあああ。

と、いう事で、LINEの認定も受け

昨日発売されたのであーる。

自分でLINE を使って「返信」している言葉を書き出し

それをイラストを起こしたので

割と使いやすいし

私のスカスカなイラストは窮屈じゃなくていいかな。

余白がないと見ていて息が詰まるよね。


よろしかったら、「夏のおしゃべりスタンプ」120円。


2019年7月1日月曜日

ふるさと納税は、納めなきゃいけない税金の一部を

自分の住んでいない自治体に納めて

地方の特産品などをいただいたり

使い道を示せる有意義な納税方法だ。


おいしかった都城市の観音池ポークメンチカツ

(レンジで温めるだけ)


去年の年収などを入力して

「ふるさと納税」できる金額を算出するのだけど

それが我が家の場合

夏のボーナスの時くらいに会社から渡される




に書かれている年収、生命保険、府民税、市民税などなどの

データがやってきてからじゃないと正確な納税金額がわからない。

でも、前回より年収が多かったら

前回と同じくらいの「ふるさと納税」をして

細かい部分はこの用紙がやってきてから

「ふるさとチョイス」などのHomePageで入力して金額を算定している。




なんだか、7月の最初の私のお仕事は

いつもこれの計算からだ。

(と、いっても5分もかからないけど)

これの計算をしていないと

かなりザックリとした年収や家族構成で金額を出しているので

本当の納付金額とかなりちがうから驚く(本当に)。


でも、世間では(専業主婦の場合)

旦那さんのお給料(年収)を知らないから

「ふるさと納税」をした事がないという人がすごく多い。

私の知り合いの9割が「ふるさと納税」をした事がないのだ。


「なぜ?ご主人の年収を知りたいと思わないの?」

と、聞いたら

「夫の年収を聞いても教えてもらえない」

「それは夫の稼いだものだから、なんだか聞けない」

と言われた。


長年の友人のご夫婦に聞いた時

「教えて」と奥様が旦那様に聞くと

「うちは、いいんだ。 自分の収めている地域に全部収めたいから」

と、言われていた。

奥様が、パートして頑張っているのに

少しでも楽にさせたいと思わないのかと驚いた。

あんなに懇願してお嫁にきてもらったんじゃないの、と。


テレビでは、ニュースなどでじゃんじゃん

「ふるさと納税」をすると東京都が損をするから

やめさせたいというメッセージが流されて

縮小させる方向に行きたいようなので

この制度もいつまでつづくかわからない。

日本で一番税金をとれるのが「東京」だから

ほんの一部でも地方に渡したくないという「なんとか省」のお役人の思いで

政治家をうごかして、まずは3割以下にしろというのである。

それに、計算するのが面倒....

というのも、計算書をわざわざ面倒にさせておいて

みんなが、やらないでいてくれるといいなーという戦法なのであろう。

大変そうに思えるかもしれないけれど

納税するほんの一部でも

会社から帰った時に飲めるサイダーやビールになったり

ひんやりしたスイカになったり

お正月のおせち料理になってくれたら

がんばって納税するぞーという気分になれると思うんだけどな。