「なぜ?」「どうして?」なんて

理由なんかないの

と、いう事にやっと気づいた



2019年3月24日日曜日


かおりんさんから、パール柑が届く。

これが、すごくおいしいっ。

皮はネットに入れて、お風呂に浮かべたりして

捨てるところがないのだ。


いつも、ありがとーっ。


2019年3月23日土曜日


今日も検査。

アレルギー検査のために パッチテストをしていた。

3日間、お風呂はダメだし

汗もかいてはいけないので散歩もダメ。


背中に金属を2日間貼って

皮膚が反応するかどうかを10日間かけてテストしている。

ひどく原始的だ。

口の中の腫れが銀歯からできているんじゃないのかと

考えているのだが

(銀歯が外れたら、腫れがなくなったから)

そのためには、皮膚科に行って

金属アレルギーのテストなのである。

このテスト紹介状がないと

15000円くらいかかるそうだ。

私は、歯医者さんからの紹介状があったので

保険もきいて、1000円くらいでやってもらえたけれど。

アレルギーだと確定されれば

保険適応で口の中の金属は取り外してもらえて

ちがう素材で作り直してもらえるので

ちゃんと病気として診察してもらえるためのテストである。

しかし

こんなに文明が進んでも

スパッと血液検査でわからないものなんだろうか。

め、めんどくさいわ...。


2019年3月21日木曜日


日曜日の夜、ちゅーちゃんぎっくり腰再び。

うわー、大変。

そして、また「大変」は日曜日の夜が多い事ったら。

夜中もやっている動物病院まで車で出かける。

再発なので、わりと前回よりはスムーズで冷静に事が進む。

経験は、無駄ぢゃないのだ。


保険の用紙やら、書類などもぱぱっと出せたし。

経験があろうがなかろうが

ちゅーちゃんの痛みはひどかったみたいなのだが

こんな状態は過去に

お腹にガスが溜まってひどく苦しんだ時

または、ぎっくり腰で歩けなくなった時だったと言うと

すぐにレントゲンを撮ってくださった。

診療代も、近所の病院のが高かったくらいなので

やれやれだった。


次の日は、完璧ではなかったけれど

歩いていたり、ごはんを待っていたりでほっとした。

翌日は、私のパッチテストがあったので

どうにもこうにも予定がずらせず

ヒヤヒヤしたわ〜。


2019年3月18日月曜日


たまたま、蕾のままの百合を買ったら

エイリアンのように

開いた花の中に蕾があって咲き

またその中に蕾...

エイリアンの口の中から

またエイリアンが飛び出しくるのに似てるーと

我が家での通り名がエイリアン・リリー。



不思議だけど、香りはあまりなくて

華やかなリリーちゃんだった。


さて、今日はアレルギーのパッチテストだわ。

はぁぁ。


2019年3月16日土曜日


メガネ拭きってかわいいのないのよねーと

メガネの掃除をしながら考えていた。

なければ作ればいいかと

久しぶりに注文をした。


1枚$8.99なので

1006円くらいで作れそうだ(本日のレートが$1=112くらい)。

送料はかかるので、さらに費用はかさむけど

誰かにプレゼントするのもいいかなと

「犬と生活」イラストのメガネ拭きを多めにオーダーした。

わたしの友達は老眼の人も多いし需要はありそう。

いつもだと、中国から3週間くらいで届く。

たかがメガネ拭きなのに

わざわざ海外にデザインしてからオーダーするなんて

贅沢でたのしい。

PayPalで支払いを選ぶと、

あんまり久しぶりだったものだから

日本語のPayPalが表示されてて

おおっとびっくり。

世の中は便利になってるねー。


2019年3月11日月曜日


ミモザを植えて2年目でやっと咲いた。

うれしーっ。


ミモザは黄色いぽんぽんがとってもかわいくて

スワッグで、ドライにして

イヤリングを作るのがとても楽しみだった。

でも、これだけでも

何個のイヤリングが作れるだろう...。

が、最初のミモザはテーブルに置いちゃう。

2枝折って、置いてみたら

それだけで春がやって来たみたい。


CMで「ミモザの香りのシャンプー」と言ってたのがあったけど

ミモザってうすーい草の匂いだった。

花が香るって感じじゃなかったのだけど

別の種類なんだろか。


2019年3月4日月曜日


最近、よく話題に上がる「口腔外科」。

私の場合、舌ガン、頬にできるガンになって亡くなった肉親二人もいて

さらに、口の中に腫れ物ができやすいので

定期的に検査に阪大歯学部付属病院に行っていた。

見ていただいた時に病名を聞くと

「これは、〜ですね」と言われ

「〜ってなんですか?」

と聞くと、「あー、ネットで調べて」と言われ

「次、x日にきて」と言われるだけで

説明も何もない。

時々皮膚の検査もして、それを2年も続けた。

まぁ、別段手術だのという大事もないのだが

ここの病院のお医者様たちは、次の予定も勝手に決めて言われるだけで

患者の都合を聞かない。

それで、一ヶ月後に行けないと断りを連絡すると

こちらの都合を聞いてくれないなら来なくて良いですと言われる。

流石に、こりゃダメだわと思い

近所の病院に出向くと

ここはもしや精神科か?と思うほどおだやかな音楽がかかり

やさしい看護師さんとお医者さまにいる病院で

いやされてしまった。


「口腔外科」って、口の中の手術をするかもって人が行く

患者にとっては本当に怖い場所なので

医者の腕前はわからないけれど

とりあえず、精神的にまいらない場所じゃなくてはと

思うのだった。


2019年3月1日金曜日


先月、ちゅーちゃんをトリムのペコさんに届けて

その帰りに突然のお腹の刺し込みが発生。

ペコさんのところでも痛くておトイレを借りたけど

不幸は再度訪れる。

あぁ、家まで7分くらいで到着するのにー。

河川敷の階段は登れないし

お腹にチカラなんて入れたら大変だ。

それで、うちより近いラムちゃんのお家に電話して


「トイレかしてぇぇぇぇ」

とお願いした。

すまん。

なんとか事無きを得て、

珈琲などを淹れていただき

その後で、ガスストーブまでいただく。

なんてわらしべ長者ぶり。

「つかわせてもらってまちゅ〜」

大型の蓄熱暖房機をつけるほどじゃないけれど

やっぱりまだ寒いし

エアコンだと足元が冷えるし〜

という時にとても便利。

いろいろ、ありがとーっ。